ビレッグは度のサイズがいい?

ビレッグのお勧めサイズ

ビレッグを使いたいけれど、自分に合うサイズがあるか心配!という人は沢山いるはずですよね。確かにビレッグを使いたいと考えている人の多くが脚やせ効果を狙っているのでサイズが合うかどうかが心配な人は多いと思います。

 

では、ビレッグのサイズについては購入した人全員が着用出来るようなサイズになっているのでしょうか?サイズが分からないと購入のしようがありませんもんね。ここではビレッグのサイズはどうなっているのかご紹介いたします。

 

ビレッグのサイズは?

販売店やその他の情報は沢山ありますが、サイズについてはしっかりと説明していないという商品も時々ありますよね。ビレッグのサイズについてもこのようなことがないようにしっかりとご紹介いたします。

 

ビレッグのサイズについてはフリーサイズの作りになっています。フリーサイズだからサイズが分かれてはいないということですよね。でも、このフリーサイズって良く聞くけど一体どんな人が購入するのか分からないという人も多いのではないでしょうか?次は、不利-サイズについて詳しくご紹介いたします。

フリーサイズとは

洋服を購入する時に時々みかけるフリーサイズ。試着してみると合うような合わないような・・・と感じる人もいるのではないでしょうか?

 

そもそもフリーサイズとは名前の通り、サイズがありません。つまり、どんなサイズの人でも合うということになります。でも、どんなサイズの人と言われても自分の体にフィットしなければ意味がありませんよね。

 

フリーサイズの基本的な作りについては、9〜11号のサイズだと考えてください。時々13号くらいまで大丈夫という時もたまにあります。MサイズからLサイズが該当すると考えていただいても大丈夫ですね。

 

でも、もちろんビレッグを使いたい人の中にはこのサイズよりも小さめの人や大きめの人だって存在しますよね。そのような人はビレッグを購入しても効果があるのかというと、残念ながらこのような人達はビレッグを購入してもしっかりとした着圧効果を感じることが出来ませんので購入をおすすめすることは出来ません。

 

つまり、SサイズやLLサイズといったように標準よりも細めや太めの方にはあまりおすすめ出来ないということになります。

 

しかし、ビレッグについては今とても人気が出てきている商品になりますので他のサイズも作って欲しいという要望が沢山集まればもっと沢山のサイズが作られる可能性はありますので期待して待ちましょう!

ビレッグのサイズに関するまとめ

ビレッグのサイズは誰でも合うということではありませんでした。フリーサイズにはなっているものの、基本的には服のサイズで言うと9〜11号までの人が対象になりましたので、標準よりも細めという人が太めという人にはビレッグを購入することはおすすめ出来ません。

 

しかし、ビレッグのサイズをもっと増やして欲しいよいう要望が沢山集まれば、他のサイズの製造もあるかもしれませんので期待して待ちましょう!

 

>>ビレッグの最安値はこちら